2013-03-31

春ですの

春、それは出会いと別れの季節~。
そして鼻水と筋肉痛の季節でもあります。ずぴずぴ

昨日は会社の引越しで、書類のいーーっぱい詰まった
ダンボールを運びましたの。腕がね、直ぐに痛くなったのですよ。
筋肉痛っていうか、筋を痛めた的な?
それとね、私がダンボールを持ってるのをみて、
若者達が一斉に
「そんなことやらなくていいですよ!!」
って言うの。
そんなにおばあちゃんかしら...。
ちょっぴりハートに傷がついたワ。


それはさておき、大和に新たなおしゃれブティックが
開店すると聞きまして、早速チェックに参りましたの。
やはり熟女、じゃない淑女は流行にも敏感でなくてわっ。

丁度ぱたさんがいたので、案内をして貰う。
ちなみにそのお店とはぱたさん家のお隣。
改装中のぱた家を横目に、まずはame*さんちへ~。

おされブティックなので、何となく洋風を予想していたら、
あっさり裏切られました。
これは...、和風ではない、中華風でもない、
シノワズリか?!
(シノワズリとは、西洋人からみた東洋的なもの。)


 【1階】

パッと見中華っぽいんだけど、東洋人の好みとはちょっと違う。
多分もうちょっと地味で侘びた雰囲気が東洋人には好まれる。
けれどもココはもっと華やか。

ガゴ鉄扇の照明とか、緻密な細工ものっぽいし、
ちょうちんの赤バニラは、大胆に描かれた日本画っぽい。
血と扇は、縁にビラビラが、サイドには房がついてる、
やはりゴージャスな扇子の様だ。
黒バニラを散らしたカーテンも、真っ赤な漆塗りの桶も、
華やかさが際立っているわ~。

純粋な中華風はあっても、シノワズリは今まで見た事が無いと思う。
流石はame*さんっっ。おされ番長だぜ~♪

おされブティックなので、色んな服があったり、
ベンダーがデコられてたり。
ここにいると、女子力が上がる気がする...。



 【2階】

2階は、紳士が出会いを求めてやってくるんだとか...。
おされブティックで女を磨き上げて、ここでゲットするのねっ!!
肉食女子の為のようなお店です。*ギラリン*

紳士向けになっているので、1階よりも渋めです。
ame*さん曰く、黒植物を使いたかったそうで、
ところどころに黒が使われて、程よく引き締めてくれてます。
竹も下手に使うと黒っぽいので浮いちゃうのですが、
良く馴染んでますね~。

トクノレアの書が、額入りになってる~!
ブリタニア地図か、なんかの記念タペストリーのどっちかを
重ねてるんだと思うんだけど。



 【3階】

出会った男女が一時の熱情に身を任せるところ、らしい。
ame*さんはこれを作るにあたって、勉強したらしい。
置き屋と揚屋の違いとか...。エ、ココ遊郭だったの?!

ふたつ並びの布団に、枕元には輪島螺鈿細工のティッシュケース...。
(このティッシュケースがame*さん一押しの見所だそうです!)
脱ぎ散らかされた服までご丁寧に。いやん、バカン♪

布団ベッドが、前回のHousing@Cafeでやりたかったものに
かなり近い感じ。
これはヘッドボード部分がガゴチェストなのね。
ゴージャスなものと質素な布団が混じって、
最初のシノワズリにまた落ち着くのかな~と。
(な、なんとか内装っぽい話でまとめたぞぅ)

この部屋から出る時は、南側の緊急脱出口から
間夫の気分で逃げなければいけないらしい...。
そこまで配慮されているとはっ!

素晴らしい徹底振りです、ame*さんっ!

今回のチェックはカスタマ&内装でしたが、
お店に並ぶ服もチェックに来なきゃね。
たまには着替えなくては...。臭うわっ!


ぱた家のチェックはまた後日。

それと、foodを別ブログに移します。
さくさくリンクとかから見に来て貰ってるのに、
UO記事じゃないと何だかな~と思って。

より自分用のメモちっくにしちゃったので、
更新はもうちょっと増えると思います。
しばらくしたら、こっちの記事は消します。
コメントは移せないので、消えちゃうのが残念。

yum-yum memo