2008-09-28

あったまろ~

こんばんは。急に冷え込んじゃって、骨身に堪えた土曜日。
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はといえば、ハロウィーンシーズン前の売り込みという訳で、かぼちゃ篭を無名市へ売りに行って参りました。今回はやる気です。タブン。



す、少なっ…。いつもはこのL字部分、店で埋まってるのに…。
売れない予感をヒシヒシと感じながら、とりあえず見本作成。向かいのオスタ普及委員会の方々が、とっても元気。作成途中から売り込まれてしまう。
「オスタ買って下さーい」
「すいません、一応テイマーなので。オスタは自力でゲッツします。」
「ナンデストー」
がっくりとうなだれてしまう店長&店員さん。
元気付ける(?)為にオスタ談義をふっかます。
「砂オスタがいないのは寂しいですね~。あのぬめぬめ感が堪りません。」
「ですよねー!! あの渋い色がもうっ」
ふぅ、元気になった。良かったヨカッタ。

サンプル設置完了して、売り込み開始!
本日の初なお客様は、黒服にオークヘルムな方。
ん?見たことある気がする~、と思ったら、「wakoku八徳学校」の主催者さんでは?
【wakoku八徳学校アーカイブ】
有名人宅にかぼちゃ篭が! ふっ出世したものよのぅ。(?)
値段を覚えてなかったので、適当に500gpでお買い上げ頂く。毎度あり~!

出足は良かったものの、やはり客数が絶対的に少ない…。ヒュル~と秋風の音が聞こえてくる気がします…。
でも負けないワ。空耳を振り切るように、叫ぶセールストーク。
「ハロウィーンに冬至に、かぼちゃであったまろ~」
「オスタでもあったまろ~」
え、オスタって温かいの? 恐竜の仲間ではなかっただろうか…?
「ここの喉のとこがフサフサなの~」
ええ? 毛生えてたんだ?! いやでも、鳥から変化したという説もあるし。爬虫類も結構体温高いっていうし。そ、そうかも。へぇ~~。
と、初耳の新事実に打ちひしがれたり。でも只では転ばないぞ。どうやらオスタ普及委員会の半分は大和からの遠征組で、店長さんにはUO奥様がいらっしゃるらしい。ピカーン☆
「奥様にお土産は如何ですか~?」
「今家にいないんです」
ナ、ナンデスト! 店員も驚く新事実が発覚。
「実家に帰ってます」
「じゃあ尚更、このお土産を持ってお迎えに行っては?」
店員ともども、なんとか迎えに行かせようとする私。だから買ってー。100gpにするから!
「しょうがない、100gpにオスタを1頭つけて手を打ちましょう」
くっ、まあいいでしょう。という訳で、かなり強引に2個目を売る。

ふう、もぅこれで今日は売れないな~。と思ったところに、なんだかとっても食い付いてる感じのお客様が。
「冬至ってなんかやるんですか?」
「え~っと、かぼちゃの煮物なんかを食べて、あったまると体にいいらしいです~(勘)」
タブンネ…。
「この篭の入れ方って、ちよさん考えたんですか?」
「はい~。そんな事ばっかやってます」
「おおお~、ちょっと感動!」
いや、そんな褒められると、アワアワしちゃうわ~。
「よければ、家を見せて頂きたいんですけど」
「家は今ムリですが(掘っ立て小屋だから…。)店ならいいですよ~」
という事で店へご案内。気に入って頂けた様で、お友達の分も含め、2個お買い上げ頂きました。ありがとうございまっす!

「これ今から家に組んでもらってもいいですか? 見せびらかしたいんで」
モッチローンです。伺いますです。
お友達にゲートを出して頂き、早速ゴー!



台所がないので、とりあえず空いていた階段脇に設置。台所が出来たら、移設して貰えるといいなぁ~。でももっとスゴイ状態を想像してたので(←失礼)、安心しました。いえ、今まで内装とか興味なかったとおっしゃっていたので。

次にお友達のお家へ、設置に行きました。着いたのは、とっても可愛らしい洋館風のお家。



「家にはちゃんと台所があるもんね~♪」
大きめな台所が好みです。やはり基本は「食」からですよネ!
あらかじめお茶があった位置に、篭を設置。彩りも良くなって、気に入って頂けた模様。ふぅ、今日はよく働いたぜぃ。

あ、途中エルメスさんとあんまお話出来なかったわ。ゴメンなさい。><
エルメスさんは自転車セット予約受付中です。私も予約しようかなぁ~。

自宅案は練れば練るほどにこじれていく様な…。そんな感じです。TT
でもガンバロウ。だって不便なんだもん…。

2008-09-19

かぼちゃ盛り

【Pumpukin Basket】
野菜篭の亜種。ハロウィーン用に考えました。葉っぱがポイントです。




【高さ:材料】
5:Pumpkin
3:Leaf Gloves
1:プチレアのPumpkin2種類※1 Pumpukin×2 Cantelope×2
※ 並列配置の為、上記を2セット
0:Green Tea※2

※1 プチレアの大きいかぼちゃです。ドロップ位置が左右それぞれあるので、両方用意して下さい。2007年の Jack O' Lantern でもOKです。そちらの方が、よりハロウィーンを主張していいかも。
※2 禅都・酒場の和装「Innkeeper」が売ってます。

材料外:Bag 2個
※ 1段目の並列配置用です。片方に色を塗っておくと分かり易いです。
それぞれのバッグに、下SSの順で材料を詰めて下さい。




【作り方】
①机落し技を使います。設置するマスに机を積んで、一番上のみ残します。
②Bag-Aを机にドラッグします。ロックダウンして1段上げます。



③Bag-Aをロックダウン解除し、斧で壊します。中から出てきた物をロックダウンします。



④Green Teaをドラッグし、ロックダウンします。2段下げます。


⑤Bag-Bをドロップし、ロックダウンします。3段下げます。


⑥Bag-Bをロックダウン解除し、斧で壊します。中から出てきた物をロックダウンします。

⑦Leaf Glovesをドラッグし、ロックダウンします。1段下げます。
Pumpukinをドラッグし、ロックダウンします。1段上げます。以上で完成です。




ロックダウン数が多いのと、設置に手間が掛かるのが難点です…。
ホラー好きな方は、ドクロを混ぜても楽しいかもしれません。モリモリ盛って、遊んでみて下さい。

今回のオブジェを作ってみて分かったのですが、Green Tea は1段と並列配置される、とても特殊なアイテムの様です。(通常の特殊配置アイテムは一段下と並列する。)今まで使っていて、どうして気が付かなかったのか…。