2007-05-15

popotum house 6

【size: 18×15】

KR前になんとか納得のいくものを、と頑張ってみました。
今まで自作の家の中で一番好きなのは、
【Popotum House 3】
だったのですが、それに負けない位気に入った家になったと思います。 (本当はこちらをコンテストに出すつもりだったのですが、間に合わず無念。)

さて、前回のあまりの使い難さに、機能の振り分けから考え直してみました。
前回は「ドワーフの棲家」(手前)に、ほぼ全ての機能を詰め込みました。 鍛冶・裁縫などの作業場が1F、3階の小屋裏に内装品を収納。 奥の家には、お出掛け用の補充品、秘薬・ポーション等と、思い出の品がある程度。
家を本当に家として使いたかったのですが、UOでの生活から離れてしまうようで。 思ったより、細々となんか作ってみたり、内装を変えてみたりしてるみたい。
迷ったのですが結果としては、家と作業場は一緒にする事に、 手前の家は内装品の収納とオブジェ撮影スタジオとする事に決定。
うん、スッキリ!!

さあ次は家の階構成を考えよう~。 セキュアはやはり1Fにあるのがいいんだけど、 あんまり部屋の中に固めておくと雰囲気壊れちゃうなぁ、どうしようかなぁ、 と思って考えついたのが、地下室。地下室なら元から収納場なんだから、 セキュアがずらっと並んでも、そんなにおかしくないかな?と。
それと畑がどーしても欲しかったんですよね。私の家のある場所は 大陸の端っこで、ゲートからも遠く人通りもまばら。ガーゴイルやハーピーの方が多い位。 つまりここは、ブリタニアの田舎。田舎住いといえば自給自足が基本!
そんな感じで、似非地下+2階建てに決定。


【外観】


【地下1F】物置・食品庫・海への出入口
地下を作ってるうちに、せっかく海際にあるんだからと海に降りれるようにしてみたり、 魚を干してみたり。食料品庫を作って、念願の粉引き機も置いてみたり。
地下室の入り口には扉をつけていたのですが(その方がリアルかなと) これは余りに使い難いので、UO事情を優先してとっぱらっちゃいました。
この辺は使う人のバランス感覚でしょうね。私は不精者なので…。



【1F】玄関・居間・ダイニング・キッチン・畑
1階は念願の畑~♪ もっさもっさ野菜を植えてみました。収穫して、台所直行! いいねぇ~。
見張り役の案山子くんを呼んでみたりしたのですが、 何故か似合わなかったので、自力で見張る事にしました。 緑の草にもっとバリエーションつけられれば、もさもさハーブ園なんかも出来るんでしょうけど、 春だしとりあえず菜の花で。菜の花も食えるし!
台所は最後まで試行錯誤しました。中世イギリス辺りの田舎の家っぽくと、じたばた 考えた結果がこんな感じに。リアルにいくなら、作業台は無くて食卓兼用なんでしょうけど、 そうしちゃうと淋しいかなぁと。

流しの前の水切り棚は、本当はお皿を竪に置くんだけど、UOではちょっと無理なので、 平置きでガマンとか、妥協点もイロイロありますが、結構お気に入りの空間です。 ちょっと無理が多いので、たまにハンバーグのチーズが消えたりとかしますけど…。 (視線の関係で。)



【2F】機織り部屋・寝室
2階は奥に寝室は決まってましたが、手前をどうするかちょっと迷いました。 が、自給自足でいくなら、糸車と機織り機は必要だな~と思い、定番のお裁縫部屋に。 ただ普通の裁縫じゃつまらないので、タペストリーを作ってる感じにしてみました。 毛糸玉が多いのは、色んな色で織ってるから。成功したのかどうかはビミョウ。
寝室は生活に必要なものが揃って、何時もより雑多な感じがいいかなぁと。 もうちょっと脱ぎ散らかしても良かったかしら?

こんな感じで、もう少し詰めたい所もありますが、とりあえずUPです。
UOKRでグラフィックが一新される訳ですが、今はまだ発表されるSSを受け入れられそうにありません。 UOを辞めはしないと思いますが、内装は辞めるかもというのが今の心境です。 今のグラフィックが使える限り、自宅をこねくり回してると思いますけどね。
どうなるのか分かりませんが、今は作ったオブジェを整理して、 Housing@UOに載せられればいいなと思います。 もうすぐ使えなくなっちゃうのに、とも思いますけど、せっかく考えたんだから残しておきたいし、 使って貰えるなら嬉しいから。

2007-05-01

office-popotum

【size: 17×15】

らまの湯再生計画、『らまの泉』計画です。
前回完成を待ってのトーフ御殿被りで、らまの湯がすっかり見えなくなってしまい、 なんとか移設しようというのが事の発端。

途中まで作業場とらまの泉という事で、カスタマ&内装してたのですが、 内装半ばに迷い出し計画変更。変更前の【Popotum House 5.5】です。 ツタとエルフアーチが思ったより合わなかったですね。なんかツタが汚く見えちゃう。

じゃあもっと違う外観に、という事で考えたのが窓辺に花のある建物。 らまの泉に似合う、なかなか可愛らしい外観になったかと。
で、この外壁ならこっちにオブジェの撮影スタジオを作った方がいいなと。 Housing@UO用の撮影スタジオは、前から作ろうと思ってました。 毎回SS撮るのに場所が無くて困ってましたから。 (私のカスタマイズに空き部屋ってないので…。)
そんな訳で、こちらに内装品の収納と撮影スタジオを作る事に。 疲れたら泉を見て一休みと。いいじゃないか~♪


【外観】


【1F】


【2F】

らまの泉は被らない&奥の家からも見えるように、一番奥へ配置。 右手前は被るので、いっぱいまで建物を配置と、 ボリュームの配分を簡単に決めてカスタマイズを練ります。
建物配置を全面に寄せてみたりしましたが、圧迫感があるので、 左前を樹にしてのんびり休めるようにしてみようかと。

今回泉はメインですから、外からでも見えるように床をパプア床にしました。 奥の家からでも通りすがりでも見えます。 らまの泉の聖なる(?)きらめきは、シルバーコインの山を使っています。 青鉱石と裏返るので、1日置きにしかきらめきません。 毎日きらめくより面白いかなぁと、そのままにしてあります。 決して怠けた訳ではアリマセンヨー。
1階は気ままに内装品でも販売しようかと、小さな店舗にしてみました。 お爺シェフは酒だの買いに行かなくてもいいように。ええ、不精者ですから…。 ルーン置き場も欲しかったので、樹の下というよりは中にあるイメージで設置。
2階は樹の上の休憩所と、内装品収納庫兼撮影スタジオ。
建物内はシンプルなものの、外観はらまとエルフがブレンドされた いい感じにメルヘンな空間になったようです。

さて、本当はコンテストには【Popotum House 6】を出すつもりだったのですが 間に合わず、とりあえず登録しておいたこちらでエントリーとなりました。 意外な程好評を頂き、驚いております。流石ラマパワー!!
結果としては、カスタマイズ部門 なんと2位! インパクト部門7位の過去最高記録でございます。 ドンドンパフパフ!

沢山コメント頂き、本当にありがとうございました~。

もしも実物を見たいとお思いの方がいらっしゃいましたら、【about this site】にマップがありますのでそちらをご覧下さい。 現地は割とキケンなので、お気を付けてお越し下さい。(魔法使うモンスターが結構います。)